アンヒョソプの両親や兄弟の仕事は?お金持ち?バイオリンが堪能な動画も!

俳優
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2024年1月11日の「徹子の部屋」に大人気の韓国俳優、アン・ヒョソプさんが出演されます。

なんとアン・ヒョソプさんは7歳から17歳までカナダに移住していたんだとか。

ですので、英語が流暢なんです!

そこで気になるのは、ご両親の職業/もともと上流階級(実家がお金持ち)なのか?

なんて気になりませんか?一般庶民としてはきになるところです。

そこで今回は、

・アンヒョソプの両親(親)の職業は?
・アンヒョソプさんの家族構成とは?
・アンヒョソプの兄弟の職業は?

こういったことについて書いていきますので、最後までどうぞ。

スポンサーリンク

アンヒョソプの家族構成

アンヒョソプさんの家族構成は父親・母親・姉・兄・アンヒョソプさんで5人家族で、アンヒョソプさんは末っ子になります。

姉とは6歳上、兄とは4歳年上です。

アンヒョソプの両親の職業は?実家はお金持ち?

アンヒョソプさんは、7歳からカナダ移住し、そのままカナダ国籍を取得していると聞くと、

「実家、両親ってお金持ちなのでは?」

と思いますよね。

いまのところ、

父親の仕事は海外を飛び回る仕事
だと「徹子の部屋」で話していましたが、
上級国民(特権階級)出身であるかは分かっていません。

カナダ国籍を取得する外国人がお金持ちという訳ではないでしょう。

しかし、移住のための資金が十分であることや、カナダで生計を経てることができる職に就いていることが条件ですよね。

父親は海外によく出張に出かけて、海外のお土産をよく買ってきてくれたようです。

↑はロシアのお土産だそう。

さらにアンヒョソプさんの両親は教育熱心な方だったようで、幼い頃からクラシック音楽をたくさん聴かせ、ピアノやバイオリンの習い事をさせていたそう。

いわゆる裕福な家庭で習う習い事だと思いませんか?

教育熱心な両親に育てられたアンヒョソプさん。

幼少期から学校が終わると図書館で勉強し、塾にも通う生活をしていたと話しています。

さらに幼いころはご両親の影響で外交官になるのが夢だったそうです。

こういったエピソードを聞くだけでも育ちの良さが分かりますよね。

徹子さんも、YouTubeの「徹子のきまぐれTV」で、

「あの方(アンヒョソプさん)育ちが良い方よね。友達になれそう。」

と仰っていました。

やはり育ちの良さは、姿勢や話し方演技すべてに滲みでているようです。

また、2024年1月12日の「徹子の部屋」では

両親はまだカナダに住んでいる」と話していました。

スポンサーリンク

アンヒョソプの兄弟の職業は?

アンヒョソプには兄と姉がいます。

ですので、3兄弟ですね。

兄:薬剤師
姉:会計士

として働いているそうですよ。

まさに教育熱心なご両親に育てられた子供達!

という職業に就いていらっしゃいますね。

また

・お兄さんとは、一緒に旅行に行った
・アンヒョソプさんが一人暮らししている部屋にお兄さんが転がり込んできた!

といった兄とは仲の良いエピソードも。

ですので、お兄さんも韓国へ戻ってきているのでしょうね。

お姉さんはカナダで活躍しているのかもしれません。

スポンサーリンク

アンヒョソプさんはバイオリンが堪能!動画はある?

上述したように、アンヒョソプさんは幼少期の頃から、両親の影響でクラシック音楽を親しんでいました。

またバイオリンは小学校6年生の時に一番親しい友人がチェロを始め、その友人に負けたくないという理由でバイオリンを習い始めたそうです。負けず嫌いなんですね。

それから中学生高校生の間は学校のオーケストラでバイオリンを演奏していました。

オーケストラでバイオリンを演奏できるんですから、かなり練習を積んでいたことが分かりますね。

さらにこの動画では歌声も聞けるのですが、歌声も素晴らしい!
さすが元JYP練習生!

そしてバイオリンを弾く姿が優雅ですよね。
小さい頃からの練習の賜物です。

また韓国のバラエティ番組である、2015年放送の番組「バッハを夢見て‐いつもカンターレシーズン2」(いつもカンターレ2)で、180人のオーディションの中からバイオリニストとして選出されました。

ちなみに(いつもカンターレ2)がアンヒョソプさんのデビュー作とも言われています。

2015年と言えば、アンヒョソプさんは若干20歳。
まだまだ青年という感じがあり、フレッシュさも感じますね!

幼少期からの両親の英才教育が、芸能活動を開けるきっかけにもなっていたのですね。

スポンサーリンク

アンヒョソプの両親や兄弟の仕事は?お金持ち?バイオリンが堪能な動画も!まとめ

・両親の仕事はわかりませんでした。

・お金持ちかどうかですが、上流階級であるかどうかも不明ですが、幼少期の英才教育のエピソードを聞くと、かなり裕福なことが伺えます。

・バイオリンは小学6年生から始め、学生の頃はオーケストラで演奏する程の腕前。

韓国バラエティ番組「バッハを夢見て‐いつもカンターレシーズン2」(いつもカンターレ2)で、180人のオーディションの中からバイオリニストとして選出され、デビュー作となりました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
俳優
スポンサーリンク
しおりをフォローする
トレンドカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました