アイアトンの家族構成!父は元ワーナー社長で兄は吉本USAのCEOで!母はフィリピン人

未分類
スポンサーリンク

大谷翔平選手の新通訳者として注目されているウィル・アイアトンさん。

ウィルアイアトンさんのと言えば、かつてドジャーズに在籍していた前田健太投手の通訳を務めていました。

そういえば、どんな家族のルーツがあるのだろう?
日本人と関わりがあるの?

と調べてみたところ、

父親は映画配給会社であるワーナーブラザーズ・ジャパン元社長で、

なんと吉本興業のアメリカ法人のCEOを務めているのだとか。

そこで今回は、

・ウィルアイアトンさんの家族構成父親兄の職業について

紹介していきますので、最後までどうぞ。

スポンサーリンク

ウィルアイアトンさんの家族構成

ウィル・アイアトンさんは兄弟が5人で、両親2人の7人家族の大家族です。

前列左が父親ウイリアムさん。

前列右が母親ロザリオ・トリニーダさん。
後列左がウィル・アイアトンさんですね。
後列左から二番目が長男マッシュー・アイアトンさん。

男兄弟はかなり似ていて、写真では判別がつきにくいですよね。

また他の兄弟や姉について分かれば書いていきますね。

【画像】アイアトンさんの父親はワーナーブラザーズジャパンの元社長!

父親:ウィリアム・アイアトン
生年月日:1955年
年齢:68 か 69歳(2024年)
出身地:東京都
最終進学校:上智大学卒業
ウィル・アイアトンさんの父親であるウィリアムさんは日系二世として東京都に生まれます
父親のウィリアムさんの母親(ウィルさん祖母)が名古屋出身の日本人で、父親(ウィルさん祖父)はNY出身のアイルランドをルーツに持つ米国人でした。
父親(ウィルさん祖父)は映画関係の業界誌「ムービー・TV・マーケティング」を創刊した実業家でした。
そのため、父親のウィリアムさんも幼い頃から映画に関心を持ち育ちます。
上智大学卒業後は、1976年に東宝東和に勤務後、
1980年に父(ウィルさんの祖父)の会社を経て、
1988年にワーナー・エンターテイメントジャパンの映画部門に配属
2006年からワーナー ブラザーズ ジャパン合同会社代表取締役社長に就任
2014年に退任後は、2015年アイアトン・エンタテインメントを設立しています。
これまでウィリアムさんが製作に携わった作品は、以下です。
『るろうに剣心』シリーズ
『パラダイス・キス』
『最後の忠臣蔵』
『藁の盾
『許されざる者』
流石は映画配給会社の最大手ですね。
そうそうたる映画の名前が並びますね。
では、妻のロザリオさんとの馴れ初めをみてみます。
【母親ロザリオさんとの馴れ初め】
ウィルの父親ウィリアムは、フィリピンを訪問中にスペイン系フィリピン人の母親ロザリオ・トリニダードに出会います。
ウィルさんが積極的に母親のロザリオさんにアプローチをして交際・結婚に至ったのだとか。
またウィルさんが日本語を話す事が出来るのは、
母親のロザリオさんが、「日本語を習得してほしい」との思いから日本の公立学校に通学させたからなんだとか。
スポンサーリンク

【画像】アイアトンさんの兄は吉本興業・アメリカ社CEO!

長男のマシュー・アイアトンさんは

吉本興業USAの会社のCEO
武蔵野興業
取締役および独立取締役

を務めています。

自身のLinkedinの概要欄には、しっかりと吉本興業のUSAの会社のCEOだと書いてあります。

さらにマシューは、東京の象徴的な映画館と不動産を運営する東京証券取引所上場企業である武蔵野興業取締役および独立取締役も務めています。

実業家であり経営者なのですね。敏腕経営者なのでしょう。

またウィルさんは2015年によしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属していたことがあります。

まとめ

・ウィル・アイアトンさんは兄弟が5人で、両親2人の7人家族の大家族でした。

・父親のウィリアム・アイアトンは映画配給会社であるワーナーブラザーズジャパンの元社長

・兄のマシュー・アイアトンは吉本興業のアメリカ法人のCEOを務めているほか、東京の映画館や不動産を運営する、武蔵野興業の取締役および独立取締役も務めています。

最後までありがとうございました。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
しおりをフォローする
トレンドカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました