君島憂樹(君島十和子の娘)が宝塚を退団した理由は?宝塚時代の成績や評判とは?

タレント
スポンサーリンク

スポンサーリンク

君島十和子(きみじま とわこ)さんの長女で、君島憂樹(きみじま ゆうき)さんは、

2023年4月で宝塚歌劇団の月組を卒業しました。

宝塚時代の芸名は蘭世惠翔(らんぜ・けいと)として活動していました。

そして現在は本名の「君島憂樹」として活動を開始されました。

そこで今回は

・君島憂樹さんが宝塚を退団した理由は?
・君島憂樹さんの宝塚時代の成績や、蘭世惠翔としての評判

などをリサーチしていきたいと思います!

スポンサーリンク

君島憂樹さんが宝塚を退団した理由

君島憂樹(きみじま ゆうき)さんが宝塚を退団した理由は

・男役・娘役もトップになることは難しかったから。
・母、君島十和子さんと共に美容家への道を進みたいと思ったから。

だということです。

それぞれについてみてみましょう。

男役・娘役もトップになる可能性は難しいと感じたから

君島憂樹さんは、宝塚時代の芸名は蘭世惠翔(らんぜ・けいと)として活動していました。

君島憂樹さんは最初は、男役として活躍していました。

しかし君島憂樹さんの身長が167㎝と男役としては小柄でした。

宝塚の男役を務める方は170㎝以上が多いよ!

しかしながら、最初は男役を選んだのは、やはり宝塚では男役を演じることに憧れがあるからではないでしょうか?

宝塚のトップスターとは宝塚歌劇団の頂点に立つ男役

ですし、やはり入団するからには皆さん頂点を目指すのではないでしょうか?
憂樹さんも170㎝はないものの、トップを目指され精進されてきたのでしょう。

宝塚の男役の決め方は?
自分で決めます。もちろん身長や雰囲気なども考慮した上です。
だいたい165センチあたりがその分かれ目ですね。
しかしもっと背が低い男役さんも可能です。
ご自身がどちらで活躍して行きたいか・・が大切ですね。
引用元:元宝塚の中条まりさんのブログより
憂樹さんの身長は165㎝を超えているため、男役でも娘役でもどちらでも選べるんですね。

2016年から男役を務めた君島憂樹さんは、2019年8月22日付けで娘役に転向します。

男役でのトップを目指すのはは難しい。と感じ、娘役を選ばれた可能性はあります。

宝塚の中で男役→娘役への転向はよくおられます。
転向後、トップ娘役になられる方もいますよ!

また憂樹さん自身も『エリザベート』の新人公演でマダム・ヴォルフ役を演じた時に

「自分は娘役かもしれない!」と感じたそう。

4年間は娘役として活躍しますが、トップ娘役ではありませんでした。

トップ娘役になるには?
・入団時からトップ娘役にすることを宝塚が決めている
・男役トップスターの指名や男役との相性(運)

君島憂樹さんは入団時は男役を目指して入団したと考えられ、
入団時から娘役を推された訳ではなく、
またトップ娘役の運を掴むのも難しいと思われたのではないでしょうか?

君島憂樹さんは男役4年娘役4年を務めました。

スポンサーリンク

母、君島十和子さんと共に美容家になりたいと思ったから

君島憂樹さんのお母様はFTCクリエイティブディレクターとして活躍する、美容家の君島十和子さんです。

そして君島憂樹さん自身も美容が大好きで、母の十和子さんに憧れを抱いています。

(憧れている人は)もう、やはり母です。宝塚を辞めると決めてから、自分が何をしたいのかを考えたとき、結局私が歩んでいる道は母と一緒なのではないかなと思ったからです。

引用元:https://i-voce.jp/feed/2595554/

母と同じ道・・・美容に関してかなり詳しく熱意があるようですね。

はい、そうですね。やっぱり美容に関することが大好きなので……。
引用元:https://i-voce.jp/feed/2596114/2/

美容に関するインタビューでも君島憂樹さん自身のスキンケアからメイクアップとヘアセット時間は2時間!

他にもボディケアやスキンケアにも時間をかけているので、かなりの美容時間ですね!

また新作のコスメや限定商品は母の十和子さんと情報交換しているそう。

はい! 在団中からいつも情報交換していて「これがよかったよ」とか「あれはそうでもなかった」とか……。母が限定アイテムを買いに出かけたときは、「あなたもこの限定品ほしい?」ってカウンターから電話して聞いてくることがあります。必要だったら一緒に買っておくよ、ということなんです(笑)。
引用元;https://i-voce.jp/feed/2596114/3/

美容家としての君島憂樹さんにも大注目ですね!

スポンサーリンク

君島憂樹さんの宝塚時代の成績や、蘭世惠翔としての評判とは?

まずは君島憂樹さんのプロフィールをみてみましょう。

君島憂樹さんのプロフィール

引用元:君島憂樹さんインスタ

名前:君島憂樹(きみじまゆうき)
生年月日:1997年4月27日
年齢:26歳(2023年6月現在)
出身地:東京都
身長:167.5cm
血液型:A型
君島憂樹さんの年齢は2023年現在26歳です。
2014年に、君島憂樹さんは16歳で宝塚音楽学校に入学します。
入団時の成績は39人中13番でした。

在学時には素晴らしい成績を残しています。

文化祭では演劇部門で主役を務め、卒業時には演劇部門で優秀賞を受賞
憂樹さんは、演劇の部分でてとても評価が高かったのですね。
2016年には、宝塚歌劇団102期生として入団。
星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で男役として初舞台に立ちます。その後、月組に配属されています。

月組といえば、演技力の高い方が多く、
「演技の月組」
と言われています。
演技部門で優秀賞を受賞した蘭世惠翔さんが、月組に配属されたのは当然ですね!

2018年の「エリザベート ‐愛と死の輪舞-」で少年ルドルフ役に抜擢。新人公演ではマダム・ヴォルフを演じます。
2019年8月22日付けで娘役へと転向し、4年間活動。
2023年4月30日の「応天の門/Deep Sea」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団しました。
スポンサーリンク

蘭世惠翔としての評判とは?

実は音楽学校卒業時には演技部門で優秀賞を受賞している蘭世惠翔さん

実力や評判はどうなのでしょうか?

演技力・歌・ダンス。どれも安定しているという評価のようです!

娘役の蘭世惠翔さんがお人形さんみたい!とのこと。

グレートギャツビーのジョーダン・ベイカー役はかなりカッコよくて、ハマっていたようで、
かなりのコメントがあります!

歌声が七色のようです!聞いてみたいですね!

男役も娘役も非常に魅力的だったようです!
調べれば調べるほど、当時の活躍をこの目でみてみたかったです!
スポンサーリンク

君島憂樹(君島十和子の娘)が宝塚を退団した理由は?宝塚時代の成績や評判とは?まとめ

君島憂樹さんが宝塚を退団した理由は2つ考えられました。

・男役・娘役もトップになるのは難しいと感じたから
・母、君島十和子さんと共に美容家になりたいと思ったから。

です。

また音楽学校の時から演劇部門で優秀賞を飾るなど注目されていました。

月組では蘭世惠翔として活躍し、演劇・歌・ダンス共に高評価でした。

今後の君島憂樹さんの活躍が楽しみですよね!!ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
スポンサーリンク
しおりをフォローする
トレンドカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました