牧田習/昆虫ハンターは発達障害⁉両親の子育て方法とは?実家はお金持ち?【アナザースカイ】

文化人

次回の「アナザースカイ」で昆虫ハンターで、東京大学大学院生の牧田習(まきた しゅう)さんが登場されます。

イケメンな昆虫ハンターでありタレントとしても大活躍されていますよね。

なんと牧田習さんが今までに捕まえた昆虫の数は、実に1万2000種!

どんなことよりも、昆虫採集に夢中だった牧田さんなので、授業中も昆虫採集に行ってしまうくらいだったそう。

そんなエピソードから、発達障害のひとつであるアスペルガー症候群なのでは?との噂もあります。

昆虫が大好き過ぎる、牧田習さんのご両親はどのように牧田さんをみていたのでしょうか?子育てのヒントをみていきたいと思います。

・牧田習さんは発達障害のひとつ、アスペルガー症候群なの?
・牧田習さんの両親(父親・母親)の子育て方法とは?
・牧田習さんの実家はお金持ちなの?

こういったことについて調べてみたいと思います。

牧田習さんは発達障害のひとつ、アスペルガー症候群なの?

牧田習さんはご自身で「発達障害」だとか「アスペルガー症候群」だと公言したことはありません。

しかしネット検索では、「牧田習 発達障害」「牧田習 アスペルガー」

との検索結果があります。

それは牧田習さんが幼少期からの生い立ちのインタビューなどで語っていることが、見た人からすれば、「発達障害なのでは?」と思わせる内容が多かったからではないでしょうか?

例えば、

・好きなことにとことんのめり込む
・苦手なこと、したくないことはやらない
・興味のある話ばかりする
・コミュニケーションが苦手
・集団行動が苦手
・忘れ物が多い
・授業中も虫を捕りに行ってしまう
・整理整頓が苦手
といったエピソードから「発達障害なのでは?」と思わせるのでしょう。
アスペルガー症候群・・・
自閉症スペクトラム障害のうち、知能や言語の遅れがないもので、社会性・コミュニケーション・想像力・共感性・イメージすることの障がい、こだわりの強さ、感覚の過敏などを特徴とします。
牧田習さんは国立大学出身で、現在は東大大学院で研究しているのですから、知能や言語の遅れはないですよね。
しかし昆虫への飽くなき探求心であったり、集団生活が苦手であることなどから、アスペルガー症候群を連想させるエピソードが多いと思われます
いわゆる「変わり者」といわれる人ですよね。研究者や医者には多いといわれています。
そして世界の偉人たちもこのアスペルガーを持っていると言われています。
それぐらい普通の人とは一線を画す興味探求心がなければ世界の新たな発見は無理ですね。

牧田習さんも昆虫歴は3歳からなので2023年で24年間も昆虫に興味を持ち続けていることになります。やはりそんな長く探求し続けられるのですから、素晴らしい才能をお持ちですね。

 

 

・・・そうは行っても幼少期に集団に馴染めていないと不安だし、強いこだわりをみせられるととこのままでいいのか?・・・という親御さんも少なくないのではないでしょうか?

そこで牧田家の子育て法をみていきたいと思います。

牧田習さんの両親(父親・母親)の子育て方法とは?

大好きな昆虫採集を昆虫ハンターとして仕事にしてしまった牧田習さん。
小さい頃に虫好きでも、学校へ進学すると、一般常識や周囲に合わせることを強要しがちですよね。牧田家のご両親はどのように習さんへ接していたのでしょうか?

我が子が好きなモノにとことん付き合う

牧田家のエピソードをみていると、とことん子供たちの”好き”に付き合っているな~と感じます。

例えば

・飛行機にハマっていた頃は毎週関空(関西国際空港)に行っていた
・三味線にハマって、教室まで通い、コンクール受賞
・昆虫のため、一軒家を借りる

なぜ昆虫のために一軒家になったかというと、

牧田さんが家に持ち帰ってくる昆虫たちはいつも数匹ではなく大量

当時牧田家はマンション暮らしだったそうですが、大量の虫を飼うために、『この子のために一戸建ての賃貸を借りよう!』と決意し、引っ越します。

そのうち一軒家に虫が出ても驚くことなく、「共存しよう」となっていったそうです。
庭付きの一軒家だったため畑仕事もして、家族にとっての思いで作りにもなっているようです。

習くんの昆虫好きを否定せずに、一軒家を用意してあげるほどだったんですね!
そしてその場所で牧田さんの妹も楽しんでいたそうで家族で楽しんでいたようです!

昆虫嫌いでも、習くんに寄り添い、家族全員で楽しむ姿勢が良い家族ですね!!

我が子が他の子と違う事をしても気にしない

ご両親は基本的に「悪いことをしなかったら、それでいい」というポリシーを持っていました。

牧田習さんのお母さんは、牧田さんが周りの子供と違う行動をとっても、周りから「変な子だね」と言われても気にしなかったそう。

学校からも何度も呼び出しがあり、その度に謝りつつ、「理解してください」と頭を下げたんだそう。

お母さんの肝が据わっているところが、牧田さんの才能を伸ばしたのではないでしょうか?

牧田さん自身も、

僕も自分の個性については「だから、なに?」と。そんな母の様子を見ていたからか、僕も自分の特性については個性と受け止められたのかなと思います。

引用元:ソクラテスのたまご

と答えています。

他の子違っても「個性」だと親が認めてあげるところからですよね。

牧田家が習くんに「周りと合わせなさい!」と言っていたら今の習くんはいないでしょうね。

好きな事をしたいなら、やるべき事はしっかりやる。

中学生になっても昆虫好きは続いている牧田さん。

習さんの母親も自身が勉強は苦手だけれども、『好きなことをしていいけれど、より可能性を広げるために勉強もしなさい、勉強すると広がるよ』

と口酸っぱく言っていたそう。

その結果、牧田習さんはご自身で以下のように答えています。

「中学に入ってからは自分の夢を実現するためには、勉強もしないといけない。虫捕りばかりしていたら、ただの虫好きで終わってしまうと思った」

引用元:ソクラテスのたまご

ただの昆虫好き少年から昆虫博士になるべく、勉強に励み始めます。

牧田習の実家は金持ち?

牧田習さんの実家はお金持ちなのでしょうか?
牧田さんは、
・幼少期から幼児教室に通っていた
・中高一貫の私立男子校に通っていた
こういったことから、高学歴・高収入の両親に育てられていたのではないか?と推測されます。
中高一貫校の学校は「清風中学・高等学校」でした。
学費について調べてみました。
入学金 260,000
諸経費 100,150
授業料(年間) 720,000
年間預かり料 100,000

でした。公立学校とはもちろん比べ物にならない程の授業料ですね。

また中高一貫の私立校に通わせる世帯収入は、インターエデュのアンケート結果では世帯年収1,000万円以上~1,500万円が一番多く30.6%でした。

牧田習さんの実家の世帯年収も1000万円以上あったのではないでしょうか?

牧田習/昆虫ハンターは発達障害⁉両親の子育て方法とは?実家はお金持ち?【アナザースカイ】まとめ

・牧田習さんは本人からの公言はないものの、「自閉症スペクトラム障害」のひとつであるアスペルガーに似た兆候があるのでは?と考えます。

・牧田習さんの両親の教育方針は

我が子が好きなモノにとことん付き合う
我が子が他の子と違う事をしても気にしない
好きな事をしたいなら、やるべき事はしっかりやる

の3点が特に印象的でした。これから育児に役立てたいと思います。

・牧田習さんの実家はある程度の高収入な家庭に生まれていると考えられます。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました