セクシー田中さん問題は何があった?これまでの経緯まとめ!脚本家、相沢友子との関係も!

未分類
スポンサーリンク

2023年10月期放送の日本テレビドラマ『セクシー田中さん』の原作者の芦原妃名子(あしはら ひなこ)さんが亡くなったことで、かなり波紋を呼んでいます。

一体何があったのでしょうか?

今回は「セクシー田中さん」何が問題なのか、何があったのか、これまでの経緯をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

セクシー田中さん問題は何があったのか?

これまでの経緯を書いていきます。

まずは、ドラマ「セクシー田中さん」の最終話12月24日放送が終わってから始まっているかと思われます。

というのも、ドラマの脚本は

・第1話~8話 脚本家の相沢友子さん
・第9話、10話 原作者の芦原妃名子

といったドラマの脚本家が最終的に原作者に変わるという異例のことだったようです。

最終回に向けて違和感を感じた方が多くおられるように思います。

そこで、ドラマ「セクシー田中さん」の第1話~8話脚本家担当の相沢友子さんへインスタのDMが沢山届いていたそうです。

そこから今回の騒動は始まっていると思われます。

スポンサーリンク

2023年12月28日脚本家・相沢友子さんのインスタ投稿

最後は脚本も書きたいという原作者たっての要望もあり、過去に経験したことのない事態で困惑しましたが、残念ながら急遽協力というかたちで携わることとなりました。

引用元:相沢友子さんのインスタ

現在は 相沢友子さんのインスタ投稿は非公開になっていますので、投稿した内容をまとめると、

・ドラマの脚本は第1話~8話までで、最終回はほとんど関わっていない
・最終回をまで書かせてもらえないなんて前代未聞
・今回の交代は脚本家の存在意義に関わる大問題
だと不満を訴えていまた。
つまり「原作者の芦原さんに脚本を邪魔された」といったような言い方でした。
セクシー田中さんの原作は芦原さんですが…
ドラマを作る上で、脚本家と原作者との話し合いなどはなかったようですね。
それから1か月くらい経ち…

2024年1月26日原作者の芦原妃名子さんのX投稿

2024年1月26日『セクシー田中さん』の原作者の芦原妃名子さんが自身のSNSで投稿をしたことから波紋を広げます。

その時の内容を要約すると、

元々原作通りにドラマを作ることを日テレと約束
→しかし原作の漫画からはズレた脚本を日テレ側が作成。
→芦原さんは何度も日テレに訴えたにも関わらず、結局ほとんど聞き入れてもらえなかった。
→ドラマ脚本の最終話を短期間で自分で書いたため不満だと思った方へ謝罪

といった内容の投稿をしています。

芦原妃名子さんのブログによると、

もともと、日テレ側と原作者の芦原妃名子さんは以下の事を約束していたそうです。

・必ず原作の漫画に忠実に
・漫画はまず完結していないため、ドラマ終盤が原作者があらすじからセリフまで用意
・日テレは以上の条件で快諾していた
といった内容を日テレ側と小学館を通じて芦原さん双方で確認していたようです。
2024年1月26日投稿の芦原妃名子さんのブログから引用します。
『セクシー田中さん』は一見奇抜なタイトルのふざけたラブコメ漫画に見えますが…。自己肯定感の低さ故生きづらさを抱える人達に、優しく強く寄り添える様な作品にしたいという思いが強くあり、ベリーダンスに纏わる方々の思いにも共鳴しながら、担当編集と共に大切に描いてきた漫画です
ラブコメというよりというより、生きづらい人の心に寄り添えるような作品にしたかったと話していますね。
枠にハマったキャラクターに変えないでいただきたい。私が描いた「セクシー田中さん」という作品の個性を消されてしまうなら、私はドラマ化を今からでもやめたいぐらいだ」と、何度も訴え
ドラマでは、原作の漫画の個性を消されたという訴え。

私が漫画「セクシー田中さん」という作品の核として大切に描いたシーンは、大幅にカットや削除され、まともに描かれておらず、その理由を伺っても、納得のいくお返事はいただけない。

日テレ側に何度も原作とは違うということを訴えていたが、納得のいく返事もなかった。

あまりに脚本が原作と違うため、脚本家を変えて欲しいと訴えたところ、ドラマ第9話と10話の脚本は原作者の芦原妃名子さんが担当することに。

9話、10話の脚本にご不満をもたれた方もいらっしゃるかと思います。どのような判断がベストだったのか、今も正直正解が分からずにいますが、改めて、心よりお詫び申し上げます。

脚本づくりは素人であった芦原さんは「自身の判断が正しいのか分からなかった。」と吐露。

またドラマを楽しみにしていたかたへ謝罪をしています。

スポンサーリンク

1月28日 芦原妃名子さん最後の投稿そして失踪

以上の投稿をして、失踪しており、29日、芦原妃名子さんの訃報が届きました。

2024年1月29日日テレが訃報を受けて:自社だけの責任ではない

2024年1月29日日テレが訃報を受けてコメントをしました。

引用元:https://www.ntv.co.jp/tanakasan/

これに対し、SNSでは

日テレのコメントは、自社には落ち度がないこと、自分だけが関与していた訳ではないと説明しているように読め、責任逃れをしているように感じてしまいますよね。

2024年2月7日:小学館は社外説明なし

2024年2月7日Yahooニュースによると、

同社関係者によると、現時点で同社が今回の件に関する経緯などを社外発信する予定はないとの説明があった。

と報道がありました。

これに対し、社員は反発をしているとの報道も。

また弁護士で元大阪府知事の橋本徹さんは、

日テレと利益相反がある以上、小学館は対外的説明は絶対必要とコメントしています。

ほんとそうですよね。ずっと小学館を通してやり取りをしてきた訳ですから。

また、

漫画家の新條まゆ先生もコメントしています。

小学館は漫画に対してやる気のない編集者もおり、社風は昔から変わっていない…とのコメント。

2024年2月8日:脚本家 相沢友子さんがコメント

ドラマ「セクシー田中さん」の脚本を担当した脚本家・相沢友子さんが、自身のインスタグラムでコメントを発表しました。

※コメント発表後はインスタを削除しています。

「芦原先生がブログに書かれていた経緯は、私にとっては初めて聞くことばかりで、それを読んで言葉を失いました。いったい何が事実なのか、何を信じればいいのか、どうしたらいいのか、動揺しているうちに数日が過ぎ、訃報を受けた時には頭が真っ白になりました。そして今もなお混乱の中にいます」

相沢友子さんは、

・芦原妃名子さんのブログで書いていた事は初めて聞くこと
・何が本当かわからない

といった内容のコメントを残しています。

芦原妃名子さんのブログで書いていた事とは、

・日テレと芦原さんで交わしていた約束
・日テレと芦原さん(小学館を通して)とのやり取りで揉めていたこと
でしょうか。
これまで、日本では原作者を脚本家では、やり取りはほとんどなかったのでしょうね。
報道などをみてみても、
テレビドラマ側の脚本家の方が権力が上だから、原作者の意図なんて関係ない
といった風潮があるのではと思います。
報道番組に出演している弁護士は、
「原作者によっては、『テレビドラマは好きなように脚色して構わない』と言う方もおられる」
と話していましたが、芦原さんは違っていたのでしょう。
SNSの投稿をみてみます。

相沢さんへの厳しい見方が多数…

相沢さんは原作者・芦原妃名子さんのことを名前ではなく「原作者」としか呼んでいなかったのにも関わらず、今回のコメントでは「芦原先生」と呼んでいることに違和感がある人も。

まだまだ続きそうですね。

2024年2月8日:小学館 第一コミック局(少女・女性漫画担当局)がコメント

小学館が「社外発表なし」と発表した翌日、少女・女性漫画担当している、プチコミック(第一コミック局)編集者全員からコメントが発表されました。

こちらの発表は、「社外発表はなし」と発表したことに対する批判を受けてでしょうか。それとも、第一コミック局が自ら発表したのでしょうか。

またドラマ「セクシー田中さん」を放送するにあたり、原作者の芦原さんと日テレとでやり取りについて書かれています。

 そして勿論、先生のご意向をドラマ制作サイドに伝え、交渉の場に立っていたのは、弊社の担当編集者とメディア担当者です。
弊社からドラマ制作サイドに意向をお伝えし、原作者である先生にご納得いただけるまで脚本を修正していただき、ご意向が反映された内容で放送されたものがドラマ版『セクシー田中さん』です。

そこには、ドラマのために先生が描き下ろしてくださった言葉が確かに存在しています。

引用元:プチコミック

ドラマ「セクシー田中さん」は確かに原作者の芦原さんの意向がしっかりと反映されているとのことでした。

・・・では芦原先生の不満や憤りのSNS投稿はなんだったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

セクシー田中さん問題は何があった?これまでの経緯まとめ

・セクシー田中さんドラマの脚本は

・第1話~8話 脚本家相沢友子さん
・第9話、10話 原作者の芦原妃名子
でした。

・これまでの経緯は、ドラマ「セクシー田中さん」の最終話12月24日放送が終わってから始まっているかと思われます。

・2023年12月28日脚本家・相沢友子さんのインスタ投稿で

・ドラマの脚本は第1話~8話までで、最終回はほとんど関わっていない
・最終回を書かせてもらえないなんて前代未聞
・今回の交代は脚本家の存在意義に関わる大問題

といった内容を投稿

・2024年1月26日原作者の芦原妃名子さんのX投稿

元々原作通りにドラマを作ることを日テレと約束
→しかし原作の漫画からはズレた脚本を日テレ側が作成。
→芦原さんは何度も日テレに訴えたにも関わらず、結局ほとんど聞き入れてもらえなかった。
→ドラマ脚本の最終話を短期間で自分で書いたため最終話を不満だと思った方へ謝罪

といった内容の投稿をし、波紋を広げます。

・1月28日 芦原妃名子さん最後の投稿そして失踪→29日訃報
・1月29日 日テレがコメント
・2月7日 小学館が「社外発表無し」とコメント
・2月8日 相沢友子さんインスタでコメント投稿→インスタ削除
小学館プチコミック編集部がコメント

 

といった経緯です。また更新があればしていきますね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
しおりをフォローする
トレンドカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました