山本直洋/空撮写真家の学歴(大学)経歴プロフィール!結婚した妻との縁が仰天!【情熱大陸】

文化人
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年10月29日「情熱大陸」では、空撮写真家(冒険カメラマン)の山本直洋(やまもと なおひろ)さんが登場します。

山本直洋(やまもと なおひろ)さんは”空撮写真家”として、モーターパラグライーダーに乗り、世界最高峰の空撮に挑んでいます。

モーターパラグライーダーとは、プロペラ付きのエンジンを搭載し、風と動力を駆使して空中を飛ぶことのできるアクティビティです。

誰も挑んだことのない、世界七大陸最高峰空撮をモーターパラグライーダーで挑む山本さんのこれまでの経歴など気になりませんか?

なぜ挑戦することになったのかも気になりますよね。

そこで今回は、

・山本直洋/空撮写真家の学歴(大学など)経歴プロフィール
・山本直洋/空撮写真家が結婚した妻は?なんとも不思議な縁だった

こういったことを記事にしますので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

山本直洋/空撮写真家のwiki経歴プロフィール

では、早速、山本直洋さんの大学などwiki経歴プロフィールについてみてみましょう!

こちらの動画ではモーターパラグライーダーでの空撮をするための準備やアクシデントへの備えなど実際に飛び立つシーンもありますので、是非どうぞ。

職業:空撮写真家
誕生:1978年生まれ
年齢:45歳(2023年現在)
出身地:東京都
山本直洋さんは現在45歳。
どうして空撮写真家になられたのかを知りたいですよね。

空を飛ぶ夢をみていた少年時代⇒SEとして勤めるも退職

山本直洋さんは小さい頃から
毎晩、空を飛ぶ夢を見ていました。
ウルトラマンに変身して空を飛ぶ夢やドラえもんのタケコプターで空を飛ぶ夢、さらにドラゴンボールのように空を飛ぶ夢も見ていたとか。
妄想多き少年だったのですね。
そして次第に「飛びたいな」と思ったら、自分に暗示をかけて空を飛ぶ夢を
リアルに味わえるくらい、空を飛ぶことに対して強い想いがありました。
その「空を飛びたい」と思う夢は大人になっても変わらず、
空に関わる生き方をしたいとずっと思っていたそう。
そして山本さんは、空に関わるような、航空会社などの仕事に就こうとしますが、全落ちしてしまいます。
航空関係の仕事は全落ちしてしまった山本さん。
大学卒業後はIT系のソフトウェア開発会社でSE(システムエンジニア)として働きますが、
1年弱働いた後に退職します。
その時に、『旅をしながら写真を撮り、それをお金にするような仕事をしたい』と考え始めていました。
その頃、たまたま見かけた雑誌でモーターパラグライダーの存在を知り
「これで空を飛びながら写真を撮れば、仕事にできる!空を飛ぶ夢も叶うし、最高だな、これだ! 」
と強く思います。
スポンサーリンク

アメリカ・NYでカメラマン修行時代

SEを退職した後、ご両親が
アメリカ・ニューヨークにいたこともあり、写真の勉強をするために
山本さんはニューヨークに渡り、語学学校で英語を学んでいました。
するとSNSで「日本語を勉強したいので、日本人の友達を探している」と
発信していたアメリカ人と山本さんは友達になります。
偶然にもその人は、ニューヨークでも有名なフォトスタジオのマネージャーでした。
山本さんの強い想いが奇跡の出会いを引き寄せていますよね。
SNSでの出会いがきっかけで山本さんはフォトスタジオでスタッフとして働きながら、カメラマンとしてのイロハを学んでいきます。
カメラマンとして米国での就労ビザを取り、そのフォトスタジオに長居する選択もありましたが、当初の夢である、『空撮をやりたい』思いを叶えるため、
日本に帰国します。
スポンサーリンク

パラグライダースクールに通い空撮写真家へ

栃木県那須烏山市にある「スカイトライアル」というパラグライダースクールに通い始めます。
なんと代表の塚部省一さんはご自身でも空撮の仕事をされている、風景写真家だったので、空撮の特訓をするにはぴったりでした。
その後2年特訓を重ね、モーターパラグライーダーのライセンスを取得し、”地球を感じる”をテーマに2008年空撮写真家として独立します。
そしてカメラマンとしての目標だった、カメラ雑誌である『アサヒカメラ』や『日本カメラ』、『ナショナルジオグラフィック』に掲載されるようになります。
そして2021年写真絵本である”そらをとびたい”が出版されます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

そらをとびたい [ 山本 直洋 ]
価格:1,650円(税込、送料無料) (2023/10/26時点)

楽天で購入

 

 

一人娘の育児が少しだけ落ちついた頃、40歳を迎えた山本さん。
ふとこのままでいいのか?と自身に問いかけます。
そして出てきた答えは、大学生の頃からの夢である『いつかは七大陸最高峰に登りたい』という想いを”空撮”という誰もしたこののないことに挑戦することに決めます。
情熱大陸でもその様子を見れるでしょうから楽しみですよね。
スポンサーリンク

山本直洋さんの学歴(出身大学・高校)

山本直洋(やまもと なおひろ)さんは大学を卒業されていることは明かしていますが、

どこの大学を卒業したかは明かしておりません。

さらに出身高校なども不明でした。

山本さんの大学卒業後の就職先がSE(システムエンジニア)なので、工学部・理工学部など理系の学部に就職していた可能性が高いですね。

またわかり次第追記したいと思います。

山本直洋/空撮写真家の妻との縁が仰天!子供は娘が1人

山本直洋さんには結婚した妻がいます。

妻との出会いや結婚が何とも不思議な縁なのです。

山本さんと奥さんのあきこさんは、なんと同じ小学校の小学3年生同志でした。

幼馴染同士の結婚?
と思いますが、奥様とはすれ違い続けます。

山本さんは小学3年生まで親の仕事でマレーシアにいて、帰国し東京の中野にある小学校に入学。

その小学校に妻がいたのですが、山本さんが入学したとほぼ同時に大阪へ引っ越しします。

山本さんも妻も中学2年生になると妻が大阪から東京に戻ってくるのですが、今度が山本さん東京からノルウェーに引っ越します。

同じ学校ではほとんど一緒に過ごすことなく、2度もすれ違っています。

一体どこで出会うの?と思いますよね。

20歳の同窓会で再会します。

そんな出会いから付き合い始めます。
山本さんはニューヨークに行っていましたから、遠距離恋愛をしながら、結婚に至ります。

出会いから結婚まで何か不思議な縁がありますよね。

2013年には娘さんが産まれています。
2023年現在は10歳ですね。

山本さんの空撮写真家としての機材費用や遠征費など全部自腹だそう。

またフリーランスのため、収入は不安定。
妻がフルタイムで働き家計を支えているようです。

奥様の支えありきなのですね!本当に素晴らしい奥様!

2019年、エンジンテスト中に事故をし2か月入院することに。
その時には奥様もお子様もかなり心配し、離婚の文字も出てきたほど。

しかし空撮を辞めることをせず、妻とは喧嘩になりながらも活動をつづけている山本さん。また一人娘も「行ってほしくない!」と涙するのだとか。

その2人も2021年出版の写真絵本「そらをとびたい」を見せると「すごい!」とても喜んでくれました。その2人の笑顔がとてもうれしかったようですね!

傍にいつ奥様の心労は絶えないかもしれませんが、心の中では精いっぱい山本さんの空撮を応援しているのでしょうね。

スポンサーリンク

山本直洋/空撮写真家の学歴(大学)経歴プロフィール!結婚した妻との縁が仰天!【情熱大陸】まとめ

・山本直洋さんの学歴は不明でしたが、大学は卒業していると明言していまうす。そして就職にSEを選択していましたので、理系の学部出身だと思われます。

・山本直洋さんの経歴は上記を参照ください。

・山本さんの妻は小学校3年生で出会いながらすれ違いで転入学を繰り返し、20歳の同窓会で再開し交際に。2013年に一人娘が誕生しています。

最後までありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
文化人
スポンサーリンク
しおりをフォローする
トレンドカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました